吹田市千里丘で腰痛、肩こり、神経痛を克服しよう!

Generic selectors
完全一致で検索
タイトルから検索
記事本文から検索
投稿から検索
固定ページから検索

吹田市千里丘で変形性股関節症

変形性股関節症を克服する

変形性股関節症で悩む方が本当に増えています。ここ数年の印象では男性が変形性股関節症で悩むケースが増えてきたと感じます。

女性で変形性股関節症で悩む方も増えていますから、性別差のあるものではなく「現代病」の1つになってきたのかもしれません。20代~30代は腰痛や肩こりに悩み、40代~以降の中高年になると一気に股関節や膝関節などの関節に違和感が出てくるというパターンです。

正直、20代でもその気配はある

症状としてはっきりと出てくるのは50代前後が一番多いと感じます。ですが、臨床で見る限りは股関節の運動制限がは20代~30代から始まっています。

"no-img2″
院長
ただ、自覚症状が無いだけ。

股関節の運動検査では明確な異常が出始めている20代、30代は思いのほか多いです。特に女性。

「変形性股関節症は10年単位で進行する」と師匠から教えてもらった事がありますが、臨床を見ていると全くその通りな気がしてきます。かといって「これは10年後に変形性股関節症になるぞぉぉ」なんて言っても只の営業トークにしか聞こえません(汗

伝える事って結構難しいです。

変形性股関節症は何が起こるのか?

変形性股関節症は「股関節の骨が変形して、更にはその変形が原因で症状が出てくる事」です。

変形が良く起こる骨は股関節を構成している「骨盤側の骨」で足の骨がはまり込む「臼蓋」という凹の場所です。

この凹が凸によって接触が続くと、段々とその接触に適応した形へと変形していきます。「環境適応」です。

これが股関節の変形です。